人間と同様に犬の心臓も4つの部屋でできています

 心臓は全身に血液を送るポンプの役目を担っています。血液には酸素やエネルギーが含まれていますから、これが途切れると様々な部位に弊害が出ます。

 犬の心臓も人間と同じように、4つの部屋から成り立っています。右側に右心房、右心室、左側に左心房、左心室です。部屋の間には弁と呼ばれる仕切りがあり、血液の逆流を防いでいます。犬の心臓病でもっとも多い僧帽弁閉鎖不全は、左心房と左心室の間にある僧帽弁が機能しなくなる病気です。

​ 心臓には大きな4つの血管がつながっています。血液の正しい流れは、大静脈⇒右心房⇒右心室⇒肺動脈⇒肺⇒肺静脈⇒左心房⇒左心室⇒大動脈になります。

出典:いちばんわかりやすい​!犬の病気辞典(さくらBOOKS)

023005a06c9bdb44befb800d4cdb0a9c.jpg

© 2019 by ペットくすり. Proudly created with Wix.com